名電高NEWS

第26回先端科学技術入門

更新 授業・学科

第26回先端科学技術入門

今回は、燃焼における熱と、熱や空気の流れの関係についての講義です。

1月22日(水)、第26回目の先端科学技術入門が行われました。

今回は、愛知工業大学 工学部機械学科機械工学専攻 教授 牧野先生にお越しいただき、「 流れと熱と燃焼と 」をテーマにご講演いただきました。

 

主な講義内容は、

1.空力加熱による温度上昇    「 風が吹くと涼しい!? 」

宇宙船が大気圏突入に関するもので、地球に戻るとき「空力加熱」が起こる

 

2.高エネルギー密度燃料の燃焼 「 粉は細かいほどよく燃える!? 」

   火力発電や推進力増強に関係するもので、 固体燃料を熱エネルギーに

 

3.燃焼を用いた材料合成    「 燃えカスは宝物かも 」

燃焼を利用して材料を合成する、すなわち燃やしたあとに化合物をつくる

 

以上の内容を中心にご講義をしていただきました。また、講演最後の質疑応答では、生徒からの質問に対してご回答いただきました。

 

ページの先頭へ