名電高NEWS

第17回先端科学技術入門

更新 授業・学科

第17回先端科学技術入門

今回は「人間の動作をアシストするロボット」をテーマに講義がありました。

10月2日(水)、第16回目の先端科学技術入門が行われました。 

今回は、愛知工業大学 工学部 機械学科 機械創造工学専攻 准教授 香川先生 にお越しいただき、「人間の動作をアシストするロボット」をテーマにご講演いただきました。

 

主な講義内容は、

1.自己紹介及び先生の研究について  

専門分野:生体力学・ロボット工学(医療福祉分野)

2.福祉工学の重要性

3.人間の身体運動の仕組み

4.パワーアシストロボットとは。またその仕組み

5.ロボット操作のための技術的なこと

6.ロボットの安全性

7.質問コーナー

 

以上の項目を通して、神経系のダメージと運動障害(特に歩行障害)、運動障害に対する工学的アプローチについてそして福祉工学の重要性をやさしく丁寧にご講義をしていただきました。また、講義最後の質問コーナーでは、生徒からの質問に対し丁寧にご回答いただきました。

 

ページの先頭へ