名電高NEWS

第30回先端科学技術入門

更新 授業・学科

第30回先端科学技術入門

2月27日(水)、今年度最後の先端科学技術入門が行われました。

最終回の今回は、「株式会社 竹中工務店」から2名の先生にお越し頂き講義をして頂きました。
 
 本日の講義内容
・建設業界について
  総合建設業(General Contractor:ゼネコン)
  各種の土木・建築工事を一式で発注者から直接請負い、工事全体のとりまとめを行う建設会社
 建設業の市場規模
 業界比較( メーカーとゼネコン、デベロッパーとゼネコン
 竹中工務店について(http://www.takenaka.co.jp/)
  1610年名古屋にて創業
  建築作品 ランドマーク(東京タワー、日本武道館等)
       ドーム(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)
       文化施設(佐川美術館、名古屋市科学館等)
       伝統建築(熱田神宮、水天宮等)
       超高層(あべのハルカス、シンフォニートヨタビル等)
       空港(チャンギ国際空港、ドバイ国際空港等)
       名古屋支店プロジェクト(名古屋テレビ塔、名古屋城等)
       開発プロジェクト(うめきた地区)
・あべのハルカス施工記録(ビデオ)
 
・建築生産用ロボット技術開発の取り組み
  1.建築生産の現状
    技術労働者不足の深刻化
  2.過去の建築生産ロボット
    ディストリブーター等
  3.新時代の建築生産用ロボット技術開発戦略
    作業員の立場
    作業員が容易に取り扱える
    高度な技能は人に、機械はそのサポート
    技能を要しない作業は機械に
  4.開発事例
    ボストン・ダイナミクス(https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=tf7IEVTDjng)
    その他の企業での取り組み
 
短い時間でしたが非常に幅広い内容の話をしてくださり、またの生徒の質問にも丁寧に答えてくだり、ありがとうございました。
ページの先頭へ