名電高NEWS

第8回先端科学技術入門

更新 授業・学科

第8回先端科学技術入門

6月13日(水)、8回目の先端科学技術入門が行われました。

今回の講師は、アプライトネス 平岩様  /ROBOZ 石田様にお越しいただき、空飛ぶロボット「ドローン」~知って・見て・触って~と言うテーマで講義及び体験をしていただきました。
 
1.ドローンとは。その活用方法について
・空を飛べる
・操縦できる
・人が乗っていない
・産業での利用例(測量、橋梁などの設備点検、物品輸送)
          https://www.youtube.com/watch?v=nC2qMQoi-oo
・エンターテイメントでの利用例(空撮、ドローンレース)等
・どうやって実現しているか?
  測量するならドローンは
  たとえばドローンレースなら
-バッテリ-、GPS、カメラ、ライブ映像、無線、傾きセンサー
      シェアNo.1メーカー DJI
・使い方はまだまだ広がる
  空飛ぶ3Dプリンター
2.ドローンの飛行原理と操作方法について
・4つの動き(前後:エレベーター、左右:エルロン、上下:スロットル、旋回:ラダー)
・回転速度を変えて移動する
・プロペラは対角線上の対で同一方向。対同士の回転方向は異なる。
・速度と移動距離について
このあと講師の石田さんがゴーグルを付けて・・・・。
     マイクロドローンが講義室内を自由自在に。
3.Scratch言語とシミュレーションを活用したドローンプログラミングについて
・Scratchでプログラム
・シミュレータで結果確認
 
オープンラボに移動して
 
4.プログラムによるドローン自動飛行
 
生徒からの質問にも丁寧に答えてくださり、ありがとうございました。
ページの先頭へ